胃がん+女性がんリスクチェック

東京港健康保険組合デメカル注文サイト トップへ トップページへ > 胃がん+女性がんリスクチェック

胃がん+女性がんリスクチェック

女性用健診総合検査キット

今や胃がんは早期に発見により完治する病気です。
胃がんは早期に発見することが困難な病気です。

早期には無症状であることが多く、胃がん患者の胃粘膜を調べると、ほとんどの例で萎縮性胃炎が存在します。また、萎縮性胃炎を経過視察すると、胃がんの発生が高いことも知られています。

ペプシノーゲンの検査をすることで早期胃がんの発見に有効です。

女性特有の臓器の検査CA125・消化器がんを中心とした検査、CEAの検査も同時に行います。

この検査キットは血液検査を行うもので、病気の特定や診断を行うものではありません。

採血に失敗して大丈夫!検査キットを無料再送致します。

【この検査キットでわかること】
ペプシノーゲン:胃の萎縮度
CEA:消化器がんを中心とした腫瘍マーカー
CA125:卵巣がんを中心とした腫瘍マーカー

胃がん+女性がんリスクチェック

管理医療機器承認番号:21600BZZ00007000

血漿分離デバイス/ランセット/採血具/絆創膏/消毒布

通常販売価格:8,925円(税込)のところ
特別価格:\8,030円(税込)

この商品について問い合わせる






FAXでのご注文はこちらから >>

DEMECAL(デメカル)血液検査システムは、CDC(米国疾病対策予防センター)にて承認を受け、日本、米国、欧州にて特許取得。




デメカルサービスの流れ

DEMECAL・胃がん+女性がんリスクチェックは専業主婦の方におすすめです!

専業主婦の方は、会社員と違って毎年、年に1回健康診断を受けていない方も多いと思われます。

がんは、様々な角度から総合的に検査し、早期発見することが重要ですが、なかなか病院に検査に行く時間がとれなかったり、経済的な理由など様々な要因で定期的ながん検診を受けていないのが現状です。

そこで、最近注目されているのが、がん腫瘍マーカー等を活用した在宅血液検査です。

総合的な検査とまではいかなくとも、手軽に検査ができ、ある程度の指針を示す、在宅血液検査によるチェックは非常に重要だと思われます。

※この検査キットは血液検査を行うもので、病気の特定や診断を行うものではありません。

※陰性の場合もがんを否定するものではありませんので 、定期的な検査(健診の受診)をお勧めいたします。

がんリスクチェッカーは専業主婦の方におすすめです!





・自分で、自宅で、簡単に血液が採取可能です。

・いつでも、どこでも好きなときにできる血液検査です。

・指先からのわずかな血液でできる血液検査です。

・必要な血液量はごくわずかです。(50〜60μL)

右側写真の血液を吸いとる器具の先端が、初めは白から赤に染まる ぐらいのわずかな量です。

通常の血液検査とDEMECAL(デメカル)の血液検査の血液量の違い

【採血方法】DEMECAL(デメカル)血液検査キット








・採った血液は、返送用封筒でコンビニ等から検査ラボへ郵送します。

・血液を送付後、(検査申込用紙にメールアドレスご記入の場合)3〜4日後でメールで速報が届きます。

携帯電話のメールアドレスを記入された場合、下記のメールアドレスよりメールが届きますので、受信できるようにしておいてください。

メールアドレス:info@demecal.net

・検体を送付後、約1週間で郵送にて検査結果が届きます。

・過去の検査データはいつでもインターネット上からアクセス可能です。

http://www.demecal.net/demecal/pc/login/
DCP1005.jsp
にアクセスしてください。

あなただけのID、パスワードで過去の検査結果をインターネット上にて検索可能です。

検査結果通知





結晶分離デバイス

・医療機関と同等の検査精度です。

・日本で初めて組み合わせ医療機器として厚生労働省より承認を得ています。

・世界で初めて、即時血漿分離での多項目測定に成功しました。(日米欧韓他 特許取得)

・CDC(米国疾病管理センター)の脂質標準試験に合格。世界基準の検査精度です。

・検査ラボは日本医師会のサーベイ(品質確認試験)へ参加。

超微量血液分離システム(血漿分離デバイス)
特許番号:特許第3597827号
登録:2004,9,17
名称:生体試料分離器具及びその方法

超微量血液検査システム(リージャーデバイス検査法)
特許番号:特許第3698696号
登録:2005,7,15
名称:生体試料調整方法、生体試料定量方法及び生体試料保存容器

【米国・欧州での登録】
米国:US6936473B2     登録:2005,8,30
欧州:1221614号     登録:2006,1,18

卓上型自動分析システム(Table-Top Machine)
特許番号:3445791号    登録:2003,6,27
名称:生化学分析方法及びその装置並びに生化学分析用カートリッジ



【血漿分離の動画】DEMECAL(デメカル)血液検査キット




リージャー長崎ラボ



・検査結果は厳重なセキュリティーで生涯管理されます。(NTTデータ)

DDS-A(HIV匿名検査キット)は1ヶ月間の保管です。

・年中無休のコールセンターなど万全のサービス体制。

デメカルサポートセンター:通話料無料 0120-100-302
AM11:00〜PM9:00(年中無休)

・プライバシーは完全に守られます。

・たくさんの健康保険組合、自治体、保健会社等での実績がございます。

検査結果の管理



・今まで医療事故が1件もないランセット(針)を使用しております。

・ランセット(針)は使い捨てタイプのため、事故や感染等の心配はほとんどありません。

・使用済みのキットは、すべて検体と一緒に返送してください。ご家庭にゴミは残りません。

・PL保険(製造物責任)に加入しております。



採血に失敗したら、検査キットを無料再送してくれるから安心!

検査キットの無料再送について

1.作業(採血など)前に製品になんらかの不備が発見された場合、採血に失敗した場合=無料再送致します。(メーカー:株式会社 リージャーより)

→キット内の返送封筒を使って返送をご案内(不備又は失敗の連絡済み、再送希望の旨申込用紙にメモください)。新しい検査キットを送付致します。部材のみを追加送付する場合もあります。(ランセット、吸引器の失敗など)

返送の際は、不備理由を記載した検査申込書を入れるようお願い致します。

内容物はすべて返送してください。

失敗しても、検査申込み用紙には個人情報の記入をお願い致します。(メーカーから検査キット再送されます。ご注文時の個人情報はメーカーの方が持っておりません。)

2.検査センターで分析不能(エラー)の場合→デメカルサポートセンターから直接顧客に連絡が入り、再送の手配を致します。またはエラー内容記載の手紙と共に検査キットを再送致します。(無料。再送方法は冊子小包にて郵送致します。)



女性用健診総合検査項目について

ペプシノーゲン検査目的

ペプシノーゲンの量で主に胃の状態を調べます。

ペプシノーゲン法検査は、萎縮性胃炎の検査です。

縮性胃炎が強いと胃がんになりやすいと言われております。

この検査は、ペプシノーゲンT(PGI)の血中濃度とPGI/PGU比(ペプシノーゲンT÷ペプシノーゲンU)の組み合わせによって判定します。

ペプシノーゲンは、胃液中に分泌されるペプシンの前駆体(ペプシノーゲンTとペプシノーゲンU)に大別され、胃内の塩酸分泌をつかさどっています。

ペプシノーゲンT/U比は胃粘膜の萎縮病変の広がりと程度を反映することがわかっており、比が低下低下するほど胃粘膜の萎縮が進行していることを示します。

萎縮性胃炎は胃ガンのハイリスク群と考えられているので、この比がある一定以下の方々を見つけることで胃ガンのスクリーニングをより効率的に行うことが出来るわけです。

なお潰瘍病変のあるときには、十二指腸潰瘍では高値を示し、胃潰瘍では低値を示す傾向となります。



胃がん患者の胃の粘膜を調べると、ほとんどの例で萎縮性胃炎が存在します。

また、萎縮性胃炎を経過観察すると、胃がんの発生が高いことも知られています。

このように、萎縮性胃炎の有無を調べることは、早期胃がんの発見に有効です。

それぞれ単項目で検査したときの胃がん陽性的中率を調べたらPGI値だけでは38.8%、PGU値だけでは59.8%、PGT/PGU比だけでは、62.8%でした。

ところが、PGT血中濃度とPGT/PGU比を組み合わせた判定をしたら、77.8%と高い的中率となりました。

この結果から、ペプシノーゲン法は、PGI血中濃度とPGT/PGU比の組み合わせにより判定する方法となりました。

組み合わせて判定しても癌(がん)以外の萎縮性胃炎も陽性となる場合があります。

必ずしも癌(がん)であるとは限りませんが、X線撮影や内視鏡など病院で検査を受けることをお勧めします。



CEA検査目的

CEAの量で主に消化器系の臓器の状態を調べます。基準値:5.0以下

CEAは、結腸ガン組織から発見された糖タンパクで、胎児の腸粘膜との間に共通抗原を示すことからガン胎児性抗原(CEA)と名づけられました。

このマーカーは、大腸ガンで高率に陽性を示すものの大腸ガンだけに特異的に陽性になるわけではなく、他のガンでも陽性になることが知られています。

陽性となるガンとして、食道ガン、胃ガン、結腸ガン、直腸ガン、膵ガン、胆道ガン、肝細胞ガン、肺ガン、子宮ガン、卵巣ガン、尿経路ガン、肉腫、白血病などが知られています。

また、慢性炎症などの良性疾患(ガン以外の病気)や喫煙者、特に長期の喫煙者で高値を示す場合もあります。



CA125検査目的

CA125の量で主に女性特有の臓器の漿膜の状態を調べます。基準値:35以下

CA125は、卵巣漿液嚢胞腺ガン由来の細胞株に対して作成したモノクローナル抗体で認識する糖タンパクです。

CA130やCA602などもほぼ同じ検査目的の腫瘍マーカーですが、CA125は、卵巣ガンの腫瘍マーカーとして最も利用されています。

CA125が上昇するガンとして卵巣ガン、子宮体ガン、卵管ガン、子宮頚部腺ガン、子宮肉腫などが知られています。

この抗体が認識する糖タンパクは、正常な人の腹膜、胸膜、心嚢膜の組織にも発現する事から、良性疾患の腹膜炎や、胸膜炎、子宮内膜症でも異常値になることがあります。

また、子宮内膜などホルモン依存性に変化する臓器では、CA125産生量も変化するので、月経時や妊娠時に上昇することもあります。

逆に閉経後婦人や卵巣摘除後婦人では、ガンでもCA125の検査値が低めに出ることがあるので注意が必要です。





ペプシノーゲン法による判定は、強度の陽性、中等度の陽性、、陽性 、陰性と判定されます。

判定で陽性だったらがんなの?

組み合わせて判定してもがん以外の萎縮性胃炎も陽性となる場合があります。必ずしもがんであるとは限りませんが、X線撮影や内視鏡など病院で検査を受けることをお勧めします。

検査では、まず自分の値がどのあたりに分布するのかを確認することが大切です。検査結果が著しく高い場合には、やはり腫瘍性疾患の可能性が高いということになりますので、是非お近くの医療機関への受診をお勧めいたします。

また、一般に、健康人は、やはりほとんどが基準値以内となりますので、以上である場合にはそれ相応の原因(その他の疾患、飲酒、喫煙、常用薬等)が存在するということになります。

最終的には、体調やその他の検査結果を合わせて医師による総合的な判断が必要となります。

定期的に検査を続けることにより、値が増加傾向にないかどうかを確認できますので、初期の疾患に早めに気付くことができます。





女性用健診検査キット



検査キットに含まれる器具名称

(採血用)
・ランセット
・吸引器

(血液分離用)
・シリンダー
・密閉キャップ

(その他)
・ボトル(溶液入り)
・採血具
・絆創膏
・消毒布

デメカル血液検査方法
デメカル血液検査キット内容


女性用健診総合検査キット

今や胃がんは早期に発見により完治する病気です。
胃がんは早期に発見することが困難な病気です。

早期には無症状であることが多く、胃がん患者の胃粘膜を調べると、ほとんどの例で萎縮性胃炎が存在します。また、萎縮性胃炎を経過視察すると、胃がんの発生が高いことも知られています。

ペプシノーゲンの検査をすることで早期胃がんの発見に有効です。

女性特有の臓器の検査CA125・消化器がんを中心とした検査、CEAの検査も同時に行います。

この検査キットは血液検査を行うもので、病気の特定や診断を行うものではありません。

採血に失敗して大丈夫!検査キットを無料再送致します。

【この検査キットでわかること】
ペプシノーゲン:胃の萎縮度
CEA:消化器がんを中心とした腫瘍マーカー
CA125:卵巣がんを中心とした腫瘍マーカー

胃がん+女性がんリスクチェック

管理医療機器承認番号:21600BZZ00007000

血漿分離デバイス/ランセット/採血具/絆創膏/消毒布

通常販売価格:8,925円(税込)のところ
特別価格:\8,030円(税込)

この商品について問い合わせる






FAXでのご注文はこちらから >>

DEMECAL(デメカル)血液検査システムは、CDC(米国疾病対策予防センター)にて承認を受け、日本、米国、欧州にて特許取得。




がん検査キットの商品一覧

男性用ガン検査キット

男性用ガン検査キットページへ

¥8,030(税込)

肝臓、消化器系、前立腺の検査。

胃がん+男性がんリスクチェック
男性用検診検査キットページへ

¥8,030(税込)

前立腺がん、胃がん、消化器がん検査。

女性用ガン検査キット

女性用ガン検査キットページへ

¥8,030(税込)

卵巣がん(婦人科)、消化器がん検査。

胃がん+女性がんリスクチェック
女性用検診検査キットページへ

¥8,030(税込)

卵巣がん、胃がん、消化器がん検査。

がんリスクチェッカー

ピロリ菌検査キットページへ

¥9,260(税込)

がんリスクの指標としてお役立てください!

ペプシノーゲン検査キット
ペプシノーゲン検査キットページへ

\7,080円(税込)

胃がんリスクチェック!

ピロリ菌検査キット

ピロリ菌検査キットページへ

¥6,230(税込)

ピロリ菌の検査が自宅できる!

胃がんリスクチェック

胃がんリスクチェックページへ

¥8,030(税込)

胃がんのリスクチェックができます。

▲このページのトップへ戻る
 


●このホームページの下記バナーを【買い物カゴへ入れる>>】クリックしていただきまして、 商品のお届け先ご住所などをご入力くださいませ。 ●ご注文が完了しますと、弊社より、専用の振込用紙をお送りさせていただきます。

●振込用紙のお支払いは、下記指定のコンビニエンスストア、ゆうちょ銀行又は郵便局、電子マネー「Edy(エディ)」・「モバイルSuica」 指定のpay-easy(ペイジー)にてご利用いただけます。



●商品の発送は、ご入金確認後、メーカー:(株)リージャーより発送となります。
(検査結果が届くまで)
@採った血液は、返送用封筒でコンビニ等から検査ラボへ郵送します。
A血液を送付後、(検査申込用紙にメールアドレスご記入の場合)3〜4日後でメールで速報が届きます。

携帯電話のメールアドレスを記入された場合、下記のメールアドレスよりメールが届きますので、受信できるようにしておいてください。

メールアドレス:info@demecal.net
郵送で送られてくる結果シートは、検体を送付後、約1週間で届きます。
過去の検査データはいつでもインターネット上からも見ることができます。

あなただけのID、パスワードで過去の検査結果をインターネット上にて見ることが可能です。

こちらよりどうぞ >> お問い合わせ、FAXでのご注文は下記からどうぞ。
<フリーダイヤル> <FAX>


088-882-7466
FAX注文用紙はこちらです <メール>
demecal-info@kenkousenka.jp


運営:入交クリエイト株式会社 〒781-0831高知市中の島2-89 電話:0120-28-7721(フリーダイヤル)
当サイトにおけるすべての画像・デザイン・文章の複製を禁止します。